ショップリード文

Tilak(ティラック)/SVALBARD JACKET スバルバードジャケット tk-svl-22fw

71,500円(税6,500円)

 KALAMATACAVIAR BLACK
S71,500円(税6,500円)
在庫なし
71,500円(税6,500円)
在庫なし
M
L71,500円(税6,500円)
在庫なし
71,500円(税6,500円)
在庫なし
購入数
"SVALBARD JACKET"は【Tilak】の秋冬のアイコン的モデルで、暖かさと軽さを兼ね備えたシンプルかつ洗練された中綿ジャケットです。

フード口は後部のストッパー付きのドローコードで調節可能で、首まわりも首元のドローコードで絞ることが可能。

フロントには左右の腰ポケットと左胸の3つのポケットがセットされています。

フロントはダブルファスナー仕様。

袖口は冷気の侵入をシャットダウンするパイピング仕様。

内部はメッシュ素材のポケットが両裾に付き、腰部にあるインナーマップポケットに本体を収納出来るパッカブル仕様で、収納時は枕サイズになります。

ライナー側の首元背部には隙間をつくらないようにストレッチファブリックが使われ、冷気の侵入を防ぎます。

表地には"GORE-TEX Paclite®Plus"を採用。
このジャケットの"より暖かく、より軽く、より手軽に"のコンセプトから、縫製部裏にはあえてシームテープが貼られていません。ですので、製品自体はGORE-TEX基準での防水レベルには達していないため、表記上は"GORE-TEX INFINIUM"という新しいカテゴリーに属します。
ただ、生地自体は"GORE-TEX Paclite®Plus"を使用しているため、縫製部以外の防水性は非常に高く、軽量かつ防風性に優れた製品になっています。

中綿には高機能化繊綿"CLIMASHIELD APEX"を採用。
"CLIMASHIELD APEX"は化繊綿の中でも膨らみが非常に高く、軽量で保温性に優れています。その保温性はミルスペックにも対応し、米軍の極寒地用ウェアにも採用されるほどです。
また、"CLIMASHIELD APEX"は水分を吸収しないため濡れに強く、雨に濡れても保温性が急激に落ちることがありません。
さらに"CLIMASHIELD APEX"の良い点として挙げられるのが、家庭でも手入れがしやすい点。"CLIMASHIELD APEX"は綿状に毛羽立ったシート状の生地ですので、家庭用洗濯機で洗っても綿が寄ることがなく、毛抜けがほぼ無いため縫製部から綿が飛び出してくる心配がありません。

【原産国】
チェコ共和国

【素材】
表地:ナイロン 100% *2-Layer GORE-TEX Infinium
裏地:ポリエステル 100%
中綿:ポリエステル 100% *Climashield Apex 100g/m2

【サイズスペック】
S : (着丈)76cm (身幅)60cm (肩幅)50cm (袖丈)65cm

M : (着丈)77.5cm (身幅)62cm (肩幅)51cm (袖丈)68cm

L : (着丈)79cm (身幅)65cm (肩幅)53.5cm (袖丈)70cm

*モデル 身長175cm 体重64kg - Mサイズ着用


【Tilak】
Tilak(ティラック)社は登山家Roman Kamler氏によって寝袋を製造する会社として1986年、チェコ共和国で創設。 1993年にはGore-tex社と契約を交わし、2000年にTilakブランドネームの下、Tilakのアパレルラインが誕生します。 2001年には当時より斬新で優れたデザインを起こすと評判高かったACRONYM®社のErrolson Hughと契約を締結。 Errolson自身のブランド、”ACRONYM®”のアパレルラインの生産を長年受け持っていました。現在は別工房を構えていますがTilakとACRONYMのパートナーシップは今でも続いています。
その確かな技術が認められ、チェコ国営の登山救援部隊、 チェコマウンテンガイドアソシエーション、マウンテンレスキューサービス、チェコ軍へ一部のチーム、さらにチェコ国内に限らずスイス特殊警察のウェアも担当し、Tilakのプロダクツは極限の現場での信頼と安心を得ています。
Tilak社は世界有数のクライマーを輩出する東欧のチェコ共和国に所在します。
50名程のスタッフで一貫した自社工場での生産管理を行い、クオリティーを保つため全てチェコで仕上げています。 欧米大手ブランドのように大量生産は出来ませんが、世界最高レベルの生地を用い世界最高クラスの縫製技術とデザインで、 1点1点最高の機能と外観を作るのがTilak の特徴です。

NEW ITEM